挿絵『笑う露死獣』/「小説NON」2017年4月号


3/22発売「小説NON」2017年4月号掲載、
澤村伊智先生の『笑う露死獣』の挿絵を描きました。
子供時代に公園で見つけた落書きの謎を追うお話。

roshijuu01.jpg

roshijuu02.jpg

ご覧いただければ嬉しいです。


 
スポンサーサイト

カバーイラスト 『 現代詩人探偵 』 (紅玉いづき著)


2016年3月12日頃発売予定のミステリー小説
『 現代詩人探偵 』 (紅玉いづき 著/東京創元社ミステリ・フロンティア)の
カバーイラストを描きました。

gendaisijintantei.jpg

【内容紹介】
10年後の再会の日に知った、『現代詩人卵の会』のメンバーの自殺。
かつて書いた詩から「探偵くん」と呼ばれる僕は、彼らの死の真相を探り始める。
気鋭が描く初のミステリ。  (東京創元社HPより)

また、「現代詩人探偵 特設HP」も公開されています。

3月12日(土)、全国書店などで発売される予定です。
ご覧頂ければ幸いです。



 

装丁画 『 歌うダイアモンド』


アメリカのミステリー作家・ヘレンマクロイ著『 歌うダイアモンド』文庫版の
装丁画を描きました。

thesingingdiamonds-2.jpg

ヘレンマクロイ著 「歌うダイアモンド」 (東京創元社
2/27発売予定


【内容紹介】(東京創元社HPより)
輝く謎の飛行体を見た者が相次いで死亡する怪事件──精神科医ウィリングの推理を描いて本格の技巧を示した表題作ほか、荒涼たる世界の終末を美しい筆致で綴り深い感動を呼ぶSF「風のない場所」などの多彩な8篇に、十五年前の事件に決着をつけるため帰還した男が殺人事件に巻き込まれる中篇「人生はいつも残酷」を併録。アメリカ随一の実力派マクロイの魅力を凝縮した傑作選。解説=千街晶之


書籍版の文庫化に伴い、装丁画を担当致しました。
書店などで、お手にとって頂ければ幸いです。




 

ブラックオアホワイト最終回

 
週刊新潮で挿絵を担当していた浅田次郎著「ブラックオアホワイト」が
今週号(7/16発売号)で最終回となりました。



ご覧頂ければ幸いです。


また、こちらでの紹介が追いつけずじまいでしたが
挿絵はホームページ上かこのブログ上か…見て頂ける形にしたいなと思っています。
引き続き、宜しくお願い致します。


 

ブラックオアホワイト33・34・35・36・37


※以下の記事は連載終了後、追加しました。


第33話・34話・35話・36話・37話:日本での日々

このあたりから、完全にモノクロで描き始めたように思います。


【33話】
33-1-4.jpg

33-2-5.jpg

【34話】
34-1-3.jpg

34-2-3.jpg

【35話】
35-1-3.jpg

35-2-2.jpg

【36話】
36-1-3.jpg

36-2-3.jpg

【37話】
37-1-6.jpg

37-2-2.jpg



 
プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索