エビカツ


今日は堅田から坂本にある画材屋さんへ行った。
何を思ったのか、自転車で。
天気は晴れ。時折吹く風が気持ちいい。
画材屋での用事を済ませ、スーパーのパン屋でパンを買い、雄琴にある大学へと向かう。
何を思ったのか、往路とは違う山側の道を選ぶ。
途中、いい感じの公園を見つける。
小腹も空いていたのでベンチでパンを食べる。
周囲は住宅街で、騒がしい国道沿いからは離れている。

いい感じに隔絶されてんな~

そんなことを考えながら、木々を眺めているとすずめが飛んできた。
地面を眺めるとアリがこちらへ歩いて来ている。
手にはエビカツサンド。
この隔絶された空間に今、食糧はエビカツオンリー…
そう思うと無性に周りの生き物たちが、
このエビカツを狙っているような気がしてならない…!

ざわつく木々。捨てられたケリンチョ。通り過ぎるオートバイ。
必死にエビカツを食らう新岡。

うまい!うますぎる!エビカツ最高!

その後も何を思ったのか山側の道を爆走し、
若干迷子になりながらも15時頃には大学へ着けました。

ありがとうエビカツ。


スポンサーサイト

金沢の雨

行ってきました金沢。雨でした金沢。
出発の日の山科も雨でした。山は霧掛かっていてすげー綺麗。
金沢近江市場のアカイカの模様もすげー綺麗。
声のでっかい市場のおっちゃんにビビリながら2・3枚写真を撮って、
何も買うことなく帰ってきました。

「兄ちゃん、蟹どうや!蟹!安くしとくでえ!」

や、いいです。相場と調理方法がわかんないんで。
蟹って美味しいとは思うけど、めんどくさい食べ物だよなぁ。
その点バナナは美味くて便利だよなぁ。

やるなぁバナナ。

ホームページ制作…

「早くアップしちまえよ~」

という先輩のお言葉を頂き、本日ホームページアップ。
とりあえず、といった感じが満載にギャラリーの作品数はゼロ。

まあ…とりあえずね。

後々作品は入れて行くとして、個展の準備を始めなければ。
ここんとこパソコンに向き合いっぱなしでしたしね…いざ制作。

とはいえ明日から金沢行くんですけどね。
遠ざかる制作…。



プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索