スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日食と猫

日食!

日食 滋賀

滋賀県堅田は曇りでしたが雲間から観察。
むしろ曇っているから肉眼でも見えて、カメラでも撮れて…ラッキー?

人体部屋前にて観察していたら、彫刻の先生がこんなものを貸してくれました。

後輩と先生

溶接面 笑 これが本当に見やすい。何より構えるのが楽しい。
「溶接作業以外には使用しないこと」と注意書きがしてありましたが
日食観察にはバッチリなアイテムでした。

もうひとポーズ。

何はともあれ、この天候にしては楽しめた日食でした。


さらに。
道中でもっちょりさんにも出会えた日だったので、なかなかによき日。

新しい首輪

新しい首輪とネームプレートになってる!素敵…。

この時間帯は本当によく曇っていて、日食は見れないであろう雰囲気でした。
だからってデジカメ袋を踏まないで下さい。

ぐしゃっ

ぐしゃっ



     
スポンサーサイト

 すな

 
先日お仲間のお友達・すなねずみのすな様にお目通りが叶いました。

スナ

ゴールデンやジャンガリアンとはなんか違うかわいさ。
思ってたより小さい。
体型や顔はリスに近いけど シュッ と伸びる尾や大きめの手(つめ?)
たまに時間が止まったかのようにフリーズして一点を見つめる雰囲気が独特…

メジャーじゃないかわいさが好印象。飼いたいなぁ。

携帯で撮ろうとしたら拒否されました…ジャニーズ系?



さらに先日、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 を見ました。
見終わったあとしばらくフワフワとしていました。
上半身が球体状の浮遊している回想映像に埋まってるような。

それほど詳しい訳ではないのでいろいろ見落としてんだろうなぁ。
もう一回みたら別のフワフワに埋まれそうな気がするのでもう一回見たい。

こんなのも発見。小田先生が言う第3新東京市(箱根)のマップ。
完成度高そう。


   
プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。