印刷


 
先日レトロ印刷にお願いした印刷物を無事に受け取る。

A4サイズ200枚入稿で自力で横長にカットする予定だったところをA5サイズ400枚(カット済)でお願いできてしまいました。
カットの手間が省けて値段は約100円上がるだけ。

「安っ!」と受け付けで素で言ってしまいました。
提案してくれたスタッフさんありがとうございます。

印刷はというと、ほぼ描いた通りに出てくれていました。
小さな文字も思っていた以上にちゃんと読めるし、
線を重ねたところも潰れないまま。

単色にして良かったと思う一方で、
「茶の単色」は工夫が足りなかったと反省。
やっぱり好みの色の濃さまで出ていないので深みに欠ける。
濃淡を付けたり、部分的に二色にしたり、
せめて青系の単色にすれば良かったかも。

工夫不足に決断力不足。
もっと上手にレトロ印刷を使って楽しいことをしたいなぁといろいろ考え中な新岡なのでした。


ちなみに今回の原稿は次号のトイロです。
どんな本になるかお楽しみに~。


 

スポンサーサイト

 レトロ印刷へ

 
あいにくの雨の中、大坂のレトロ印刷さんへ持ち込み入稿してきました。

トイロ作りでデータ化作業と編集はしたことはあるけど
自分で入稿するのは実は初めて。

「初めての方試し刷り無料」
との事だったので、試し刷りをさせてもらった。

三種類の紙に二色。A3サイズ。
左からレトロ紙・クラフト紙…あと一種類は何だったかな。
何か厚手のクラフト紙。

インクは散々悩んだ末(スタッフさんごめんなさい)茶色と緑。

試し刷り

同じ茶インクを乗せても厚手のクラフト紙の方が普通のクラフト紙よりも色が若干濃く出る。

この厚手のクラフト紙の濃さが普通のクラフト紙で出したくて
濃さを補えそうな緑(新岡的には青)を乗せたのですが

版ズレが美しくないので茶色の単色で入稿。

線を重ねて濃淡表現している部分は特に、単色の方が綺麗。
版を重ねると濃淡が潰れてしまうようです。(好みもありますが。)

あとは明日の刷り上りを待つのみです。

試し刷りを待っている間にわんこに遭遇。
雨には濡れたくないが、お外も見守っていたいと。

覗いている人

絶妙なシャッターの降り具合でした。


 

 成安技芸制服展


お知らせがガッツリ遅れてしまいました。
先日の研究生展RARIRAROCACAでお披露目された
「成安技芸制服再現プロジェクト」が学内にて本格始動。

90年前、大正時代に『成安技芸女学校』で実際に使用されていた学校の制服。
その制服をモチーフに学生が主体となり、
イラスト・漫画などのメディア展開を睨み企画、実行するこのプロジェクト。

その第一弾。成安造形大学・学内展示に参加中です。

展示

展示風景。小作品中心ですが、ずらっと並びます。

成安コンテナ

コンテナ外観。
今年度から「BSギャラリー」と改名。

成安コンテナ作業

等身大ポスターを貼る図。

実は搬入と4月2日に顔出して以来会場に行けていないのです。
申し訳ない。。。

良い写真もあまりないので
詳しくはこちら
ライブペイントが凄いことになっています。

今後とも続くこのプロジェクト。
新入生の中から多くの有志が集まってくれると良いのだけれど。

新岡は21×24cmの作品を出品。
完成版スキャンデータが見当たらないので、作品はまた後日。
(と思ったらなぜか線画スキャンが出てきました。こんな感じです。)

密かなテーマが「おとーさんお花やさんね」ごっこです。
花を振り払われたほうの負けです。

土曜日まで展示中ですので
成安造形大学にいらっしゃる方、お近くの方は是非ご覧下さい。


 

 春

  
綺麗に散っていたので思わず。

桜の形

桜の枝

ささやかですが、今年は小一時間ほどお花見ができました。

確か咲いていたような?という曖昧な記憶を頼りに大坂のとある公園へ行ったのですが
期待以上に咲いててくれて、とても綺麗でした。

がっつりお花見するような場所でもないので人も全然いないし、
ベンチでパンを食べ、ぼーっと鳩を眺め、ブランコで遊ぶ子供を観察し、
桜の下で組手コントをして終わり。

東京の友達からも桜の写メが入ったりして
それぞれがそれぞれに春を楽しめているようで嬉しかった。

しかし駅まで原付に乗るようになって切実に思うことが1つ。
春なのだから、もうちょい暖かくなってはくれないだろうか。

 
プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索