展示情報


先日のミニ額たちをFIESTAへ。

作品を絞りなおしてディスプレイもすっきり。
夜は暗い場所なのでライトを設置して頂けた模様。
煌々と光っております。



ここに来る度に海に纏わるものを描きたいなぁとぼんやり考えます。
海岸・貝殻・ヒトデの死骸・漁船・テトラポット…
もう少し、何か必要な気がする。

なにはともあれ
FIESTAも充実させていきますので
宜しくです。


さてもうひとつ。
明日から「Canvas @ Sony 2010」のイベントが東京銀座・ソニービルにて始まります。

ご縁あってファイナリストとしてご選出頂き、
同ビル1Fにて開催されるファイナリストの応募作品(印刷物)の展示に参加予定です。
どのような規模なのかも謎で、行ってみないとわかんないのですが
結構大きく出力されて展示されるようです。

応募したのは「宙湯の角」を再構成し直したデジタル作品。
デジタル作品(といっていいのか?)が展示される経験はこれまでなかったので
かなり入念に…かなり気を使って合成したのですが、結果は如何に。

宙湯の角 部分

色とかどうなってるんだろう。
週末、確認してきまーす。





 
スポンサーサイト

御礼

 
関西コミティア無事に終わりました。
ブースにお立ち寄り頂いた皆様、お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました!



今回トイロ
トータルで50冊以上お買い上げ頂いたようで、
特にメカトイロさんは絶好調でした。

そして前回同様、ポストカード、
今回新たに参戦、ミニ額装。

↓ディスプレイ。同じくトイロ参加者の広瀬氏と。
postcard.jpg

ポストカードは通常サイズのもの(左下6種)が好調でした。
一番出たのは青い猫さん。
やっぱりというか何と言うか、女性のお客さんが多かったです。

そしてそして、
ミニ額装たちは全員帰宅…。
うーん、やっぱり需要と合わないか?単価も上がってしまうしなぁ…。
もちょっと周りを見て勉強します。
ダメだったことも収穫ということで。

次へ!


 

関西コミティア


 
 
えー、告知にしては遅すぎますが
明日17日、関西コミティアにトイロ・ト・トイロブースで参加します。

ブースはC-33・34です。

新岡個人はポストカード6種とミニ額装を販売予定です。

トイロのほうはペットイロ・メカトイロが追加されており、
我が家に拾われインコがやってきた!「タマのたまたま」と
メカとドクダミと私とエイヒレ「操縦席」という漫画で参加しています。

特にメカトイロに関しては実験に次ぐ実験に次ぐ本番失敗・再入校(失敗版が200枚手元にあります。誰か要りませんか。)
レアなデジタル作業から少々やっかいな製本作業と思い出いっぱいな一冊となっております。

御一読頂ければ幸いです。


ミニ額装に関しては写真のようにセットっぽく置ければ妙にかわいいのですが、ディスプレイは当日次第です。
セット売り・バラ売りどちらも可。
(多分バラ売りになりますが。)


もちろん僕以外のトイロ参加者グッズも販売されます。
是非お立ち寄り下さい。



 

mt

先日、元立誠小学校で行われていた mt ex. を見てきました。

なんかかっこいい雰囲気ですが、mt とはマスキングテープの事。

雑貨屋なんかでたまに見かけていたカラフルなマスキングテープ。
人様にあげるミニ額をプチプチ梱包するのに養生テープはないでしょう という訳で
意識して探してはいたのですが、探すと見つからないもの。

「マスキングテープの展示が元立誠小でやってる」と運良く会期中に知り、
(展示という言葉に弱いのか)足を伸ばしてみました。



元立誠小学校。
1月に「平展」で出品して以来久々。

一階部分、職員室と中庭・視聴覚室と展示してあったのですが
終始はしゃぎっぱなしでした。かわいい!素敵!を呟くように連呼。

syokuinsitu.jpg

貼ってはがせるという特徴を活かして様々なものにマスキン。
ピアノマスキン。床マスキン。机マスキン黒板マスキン

mado.jpg

窓もマスキン。
透けるという特徴も上手に活かしている。重なりが綺麗。

灯りのオブジェもマスキンで様々な色合いに。

akari.jpg

視聴覚室にはShopを併設。
変形テープが掲示版に貼られていたり、

naminami.jpg

黒板にテープ。いろんな意味で上手です。

shop.jpg

Shopでいろいろ悩んでシンプルな明るめ単色5種セットと柄もの1つを購入。

他にも昔ながらの200字原稿用紙が印刷されてるものとか
ラップ?みたいに包めるものとか、惹かれたものはいくつもあったのですが。
目先の実用性の叶うものを購入しました。

DMも素敵でした。
この展示、というか mt のアートディレクター・居山浩二さん。
柄のデザインまで手掛けているそう。

いろいろ調べていたらこちらを発見。
最終日に行っただけに、「こんなのあったんだ!?」情報がいっぱい。
200字原稿用紙は限定販売だった模様。Shopになかった訳だ。残念!

しかしホントに素敵な展示でした!



 
プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索