110200.jpg

足が描きたかったのだと思う。
服装にも惹かれた記憶が。


 
スポンサーサイト

110100.jpg

足がかなりカッコよかったのです。
結構なお年の自衛官か工事のおじさん。

 

搬入

 
2月1日から始まるグループ展の搬入へ行って来ました。
神戸方面からだったので阪神野田経由で行こうとしたら尼崎乗り換えでわかんなくなったので結局一度梅田へ出て地下鉄へ。
大阪・地下鉄西長堀より徒歩5分。
乳業センタービル別館3階。赤い扉が目印。(階段の下まで来ないと見えないけど)



入ってすぐの部屋のすぐの壁面を頂きました。
直接搬入・展示設営のお手伝いをした特権でしょうか。
思っていた以上に送付搬入作品が多くて、梱包解くのが大変でした。
でも宛名見てたら北海道やら岡山やら…遠方の方が多いみたいだったので仕方ない。

DSC04592.jpg

外観で想像していたよりも広いです。
部屋が4つぐらいに分かれています。プラス、廊下の壁面。
一番奥の広い部屋にベテラン作家のS50号クラスの作品が並びます。

若手はS20号以内。
その基準はよくわかんないけれど、S20も満たしてないし大丈夫。
400×400なのでS6ぐらいか。

入ってすぐの小さめの部屋に他の作家8人?と展示。
?なのは明日搬入の方もいて、今日全部決まらなかったから。

DSC04586.jpg

お隣は今回の展示に僕を誘ってくれた権(コン)基英さんの作品。
明石繋がりで出会った数少ない作家さん。明石で何かできればなぁ。

そんなこんなで総勢47名。
具象あり抽象あり、版画あり映像ありの展示です。
お時間御座いましたらご高覧頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。




 

みかんのむきかた

 
 
あたらしいみかんのむきかたという本が気になります。

主人公のむきお君がみかんの皮をむきながら、
人間としても成長していくストーリー仕立て。

この時点でもう、大真面目に外してくれています 笑

だからこそ徹底したコンセプト・イラストレーション・ストーリー構成、凄いと思います。
むきお君の「思ったこと」という欄のコメントも
関係あるけどなんか間違ってる感じがやるせなくてとても良いです。

ぼく、むくよ!

という表紙を見るたび買ってしまいそうになるのですが、まだ未購入。
その実用性の低さが…(そこが良いのですが)

付加価値(主にコンセプト。付随するイラストレーション・デザイン)ってすごい。
と改めていろいろ考えた。というお話でした。



 

おじさん

110123.jpg


見つめているのはデジカメだったか。
左足の繋がりがおかしい。


 

標本

 
ようやっとお気に入りを見つけて購入。

ペルーで採集された蛾の一種。
見る角度で微妙に色合いの変わる深い青。



そして額装(と言っていいのか?)
羽の濃い紺と青を際立たせるために敢えて黒基調にしてもらった。
ぼんやり浮かび上がって、目が慣れる程に細部が見えてくる。

「標本」というより「作品」に近くなる額装が良いとこだと思う。

購入後は現地の昆虫採集の話や標本の話を聞かせて頂きました。

100匹単位とかで購入してたまにレアなのが入ってたりするらしい。
現地、運任せの福袋な感じ。楽しい話が聞けました。




 

2011

 
ドクダミミニ
 
 
新年あけましておめでとうございます。
昨年中、皆様には大変お世話になりました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2011年1月1日      新岡良平


プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索