110330

 
本日久々に京都を歩いたのですが、
ぽつぽつと桜のつぼみが開き始めたようです。
ようやく暖かくなってきた。
嬉しいような、花粉との戦いが嫌なような。


本日の一枚。
110330.jpg

この人も足が良かった。
ガッと開いてギュってなってた。

左手で吊り輪持って片手で本を読んでいたのだけれど
そこまで描けず。

本読んでる姿は男女問わず良いです。
車内で描きたくなる姿のひとつです。

傘があれば尚良いです。

ロットリング0.20
セピアインク


超蝶というグッズを教えて貰いました。超、蝶です。
どうなってんだろう。


   
スポンサーサイト

rotring

 
車内で何か身を寄せてお話中の
おそらく夫婦。男性猫背。


110327.jpg

まだ形だけ捉える描き方のほうが慣れがあるかも。
適材適所には程遠い。

ロットリングを購入して使ってみているのですが
その細さと引っかかる描き味がクセになる。ガリガリ。

インクの入れ替えでバラすのも楽しいです。
昔よくボールペンとかシャーペンとか意味無くバラバラにしてたなぁ

0.20
セピアインク




 

20110311

 
テレビのニュースの表記がいつの間にか「東日本」大震災に変わり、
その広範囲に及ぶ被害に怯えながらも関西にいる自分の日常は続く。
日常と非日常を行ったり来たり。

地震の起きた日は大学関係の展示のレセプションで京都へ移動中でした。
関西でも揺れたそうですが全く気付かず、会場で地震が起きたことを知った次第。
これほど大きな災害だったとは。

夜は朝方まで東京の友人とスカイプ。
東京でも余震による揺れがかなりあるらしく、
いつでも逃げれるよう緊張を崩さない友人。
こんなのは初めてだ。

流通系統など関西にも震災による影響は現れているようですが
何より被災地の方々の命が最優先です。
一人でも多くの方が救われ、人の温かさに触れられる状況にあるよう願っています。



 

版画の時間の終わり

 
版画の時間、終了致しました!
ご来場頂いた皆様、出品者の皆様、ありがとうございました。


今回は成安造形大学の版画教員・ラボスタッフによる「版画展」ということで、またいつもと違う取り組みだらけでした。
まぁ同じ展示なんてないんですが、版画展は学生以来。。。

版画作家に混ざる緊張はそれほどなく、むしろ普段一緒に仕事しているスタッフや先生の作品を見れる楽しみのほうが大きかったです。
企画側ってこういう風に進めるのね的裏方も経験できたり。

版種は銅版画にアクリル絵具で手彩色。
やりたいことに向かってやれることを組み合わせたらこうなった。
学生時にミクスドメディアと称して印刷物に加筆して様々なバリエーションや時間の流れを作った手法を思い出して、それを銅版画で置き換える形に。

8作品の出品(クリック拡大可)

開花要素2開花要素1

ドクダミがつぼみをつけて花開くまでの風景。
いろいろな時間帯や天気や訪れる生き物達、です。

イカが楽しい。伊勢のイカが。目が歌舞伎。
8作品出揃って並べるのが楽しかった。
並べるの好き。意味ないものでも。


この方法でもう少し増やして何かの機会にまた並べたいと思います。


 

明石


 
バイト後、大蔵海岸から。
めっちゃ寒くてすぐ退散。


バイト先(本屋)でポップを描く。
萌絵って難しい。
読みやすい字って難しい。

ちょっと前の雑誌で「雑貨カタログ」という全国の雑貨屋を紹介している雑誌があったのだけれど、それの付録のレジャーシートのイラストが良い。

拙い感じの歪な水色の円に白い線画で大量の犬やペンギンや猫が円く並んでいる。はみ出たりはみ出なかったり。

アイキャッチ+じっくり見れる工夫。何より動物が可愛かった。付録だけ欲しいなぁと仕事忘れてめっちゃ見てたのでした。



 
プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索