スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥能登いろいろ

 
お祭り以外もいろいろ案内して貰いました。

DSC06093.jpg

見附島

ほんとにでかい。

島の手前まで歩いて近付けるらしいのですが
この日は台風の余波?で波が荒れてて行けませんでした。。。
別名 軍艦島

DSC06278.jpg

千枚田
目前には日本海

下まで降りて迷う

DSC06223.jpg

禄剛崎灯台

明治16年から現在も現役です!
ここから見る日本海はそれはもう荒れておりました。
イメージ通り。

能登半島最北端です。

DSC06274.jpg

そして輪島といえば塩。
後ろが塩田。
親戚からよく頂きますが、ほんとに美味しいです。

DSC06268.jpg

半島をぐるっと回っていろいろ寄ってみて気付いたのは自分が海岸好きだということ。
気付いたら海岸に下りたくて、道を探している。

DSC06260.jpg

DSC06266.jpg

残念ながら鯨の骨とかは流れ着いてませんでした。
この本の「鯨の骨の見つけ方」というのに憧れただけです。

海岸の漂流物を眺めるのが好きな人は少なくないはず。

DSC06078.jpg

使われなくなった鉄道の線路跡。
奥能登の移動は車必須です。
そして想像以上に広いです。能登半島。

金沢市→珠洲市で2~3時間ぐらいかかったかと。
明石→京都間ぐらい時間かかる。一口に半島などと油断できない。

DSC06350.jpg

帰路、金沢市内で立ち寄った東茶屋町。
京都を思い出すような美しい町並みに
染めや器や漆ものなどを扱う静かで綺麗で可愛いお店がたくさん入っていました。

ご飯屋もならんでおりましたが、事前にオススメされていた
「自由軒」のオムライスが美味しかったです。

満足満足。



 
スポンサーサイト

奥能登 ‐追加‐



まで行ってきました。


続きを読む

20110712


ホームページに作品を追加しました。
2008年ですね。

2010年にもモノクロ画追加してます。
メカトイロ・ペットイロでの1コマ。

他もちょいちょい載せてゆきます。

DSC_0013.jpg

さて、今日は劇的な空だった。
入道雲が延々続き、どんどん高さを増していった。

暑いのはイヤだけど空は楽しい。



 

実験

 
本屋さんでバイトしていると
梱包されてくる本の当て紙に印刷の端切れなんかが使われてくるのですが
たまに凄く良い味の出ている端切れがあったりする。

幾重にも上から試し刷りされてイメージが混在していたり
トンボや色調見本が端っこにくっついていたり
あらぬところで裁断されていたりする。

あるべきデザインから引き剥がされて意味を失った番号の羅列なんかが
もの凄く格好良い。



色見本等


どうせ最後には捨てられてしまうので
自分で梱包解いた端切れを
たまにポケットに忍ばせて帰ります。

アクリル板とかに挟みたい。


------------------------------------------

ホームページのほう

ギャラリー2009に作品追加。
ギャラリー2008を追加しました。

宜しくです。



 
プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。