111028


久々に外で制作。
ペンで明石の街角を描く。



お弁当屋の粋なご主人に場所を借りました。

こんなにも人が行き交ってるんだなー
普段見ない時間の流れが新鮮でした。

ご主人曰く、開発が進んでいる区域だそうです。
僕が描いていた古い建物も来年には無くなるかもしれない。

堅田でも明石でも、どこでも起こっている事だろうけど。
少し寂しい。


 
スポンサーサイト

111016

 
2月にグループ展で展示した作品に加筆しました。
ホームページのほうも加筆版で更新してあります)


                                              夜を抜けて 400×400mm

普段しないような事を幾つか試みた作品

別口で描いてきた読めない文字の模様を画面に入れたり
刷毛のストロークの形を世界の出入り口にしたりとか

どっちも多層的な事がしたかったのですが。

幾つかの世界を同時に存在させて関係性を持たせる、
という所に狙いを絞ればもっと面白い絵ができそう。

トリックアートのような世界の繋ぎ方。
千年女優とか、見ててワクワクする感じ。

ペンギンや花を加筆しつつ、
全体的に手を入れました。


 

111007

数日前に一応の完成。

虹の裏側(部分)
93×180cm



横長の作品です。だいたい畳一畳分の大きさ。
全体図はきちんと撮影できたら載せようと思います。

虹のラフ

一番最初のラフ。
もう少し柔らかい感覚のイメージだったようです。



 
プロフィール

新岡良平

Author:新岡良平
作家・イラストレーター

●書籍カバーイラスト 紅玉いづき著「現代詩人探偵」 ヘレンマクロイ著「歌うダイアモンド」 (東京創元社)
●挿絵 浅田次郎著「ブラックオアホワイト」(週刊新潮 13年9月~14年7月)

●他、仕事一覧はこちら 作品一覧はこちらのギャラリーページより

お仕事のご相談はお気軽にどうぞ
●mail:familiar29(a)yahoo.co.jp (a)→@


最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブログ内検索